毎日かわいくなる美容サイト

注目のトレンド美容サイト

水酸化Kはどんな成分

shutterstock_397015870水酸化Kはph調整剤であると共に、アルカリ性の成分として知られています。
水酸化ナトリウムと並んでphを調節するための成分です。

単独の場合は強いアルカリ性の成分なので、取り扱いには注意が必要ですが、化粧品に配合すると、化粧品の成分を適切なphに導きます。
そのため、水酸化Kが配合されているからと言って毒性が高いと言うような事は無く、必要量の使用であればさほど気にする事は無いと言えます。

■スキンケア
仕上がりをよくして肌をなめらかにしたり、皮膚表面を軟化させる効能があります。

スキンケア/皮膚表面の軟化

硫酸Mgはどんな成分

①成分説明
硫酸Mgは、硫酸とマグネシウムによって出来ている塩を指します。最近では、「エプソム塩」とも呼ばれています。入浴剤などにこの成分が含まれれば、むくみや冷え性を改善したり、ダイエットにつながる効果が出ることもあるといわれています。

安全な成分であり、毒性がないことがはっきりしているため、安心して使うことができるでしょう。化粧品においては、乳液や美容クリームのような乳化物を安定させるためにも利用されています。

②成分分析・この成分の一般的な用途
充填剤、乳化安定剤

③特長・お肌への働き
硫酸Mgは、化粧品にもよく含まれる成分であり、お肌への保温効果や成分を安定させる安定化剤としても使用されています。入浴剤などに入れることにより、温浴効果も発揮してくれるといわれています。

■保湿効果
硫酸Mgは、硫酸塩泉にも含まれている成分であり、お肌をしっとりさせる保湿作用があるとされています。海水にも存在しているミネラル分が入っているため、お肌に良い影響をもたらします。

■保温・温浴効果
入浴剤に硫酸Mgを入れれば、体がぽかぽかしてくる温浴効果も得られるでしょう。そのため、一般的な入浴剤にはよく含まれている成分です。

■肌荒れ防止効果
美容クリームや乳液などにも含まれており、肌荒れなどを防ぐ効能があるといわれています。分析により、健康的なお肌を守ってくれる働きがあるとされています。

④成分効果(箇条書き)
保湿効果/保温・温浴効果/肌荒れ防止効果

美容成分などお肌に関することは重要だけれども、Vライン脱毛に興味はありませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright© 2016 毎日かわいくなる美容サイト All Rights Reserved.